10220

悩めるアラサーの日常をからめたジャニーズ語り。森田剛/福田悠太/百名ヒロキ/深澤辰哉/有岡大貴etc...

終演後に気づけば翌週のチケットを買ってた「23階の笑い」について語りたい件

年内ラストふぉゆかな!?と思いつつ行ってきました23階の笑い!

12/3の昼公演!おしゃれでテンポよくてほっこりあったかいカンパニーでかわいいかこいいふぉゆや

福田さんがいっぱいでとにかくよかった!!!!!!!!!!!!

 

ざっくりとした絵であらわすとこんなかんじ(ネタバレ含む) ↓

 

 

f:id:forestwisteria:20161204223339p:plain

 

 

はい、ぜんぜんわからないですね。笑

 

まず全体的な感想から。

 

 

■ストーリーへの入りやすさ

内容は政治的なもの含むし、テンポよすぎてセリフ詰め込まれすぎてついていくのに

せいいっぱいだったり、そもそも外人の名前覚えるだけで大変。。というのは

若干あったけど、ちゃんとストーリーに入りやすい工夫がされていて

さすがだなと思いました。ストーリーテラーとして、話をちゃんと補足してくれる

辰巳さんの存在がありがたくて。コメディって、「ジョークを翻訳する」から

すっっっごくむずかしいと思うんだけど(笑いの雰囲気は崩さず、日本人に

ウケるようなネタに書き換えないといけないという意味で)

舞台の始まりから、日本のバラエティ番組を例に出しながら「今回は

アメリカのバラエティの裏側を支えた人たちの話である」ことを、ちゃんと教えてくれて

すごくわかりやすかった。

 

辰巳さんがお客さんに「好きなバラエティ番組は何ですか?」って聞いて

お客さんが「ゴゴスマ」と答えると「ああ!あのイケメン4人組が出てる!

でもそれ情報番組ですね!」って返すなんていう楽しいやりとりもありつつ。笑

最初から笑いの世界にグッとつかまれたかんじがしました。

 

 

■カンパニーのあったかさ

とにかくカンパニーの雰囲気のよさが伝わってきた~!なだぎさんも

シソンヌのお二人もすてきで!最後カテコやってハケるとき、

なだぎさんとこっしーが恋人つなぎして退場したあと、長谷川さんは辰巳に

手をつながれて二人仲良く退場!ここに2組のお似合いカップルが誕生!!!

というかんじで最後までにこにこすっごくいい雰囲気だった!

 

順番前後しますが、カテコの前にふぉゆが4人で歌うのを紹介する

なだぎさんのアナウンスがまたおもしろすぎてね。

今回の会場が「ニトリ」のあるビルだからって「お値段以上の舞台にお越し

いただきまして・・」とニトリネタを交えたり、とにかく笑った!さすがすぎ!笑

 

さすがお笑いのプロが続々出演されてるだけあって、アドリブ祭りが舞台本編中もほんとに楽しくて。

前日の差し入れでいただいたという「堂島ロール」のネタをぶっこんでみたり、

その場でお題出してアドリブ対決してみたり。

「子供に人気が出なさそうなヒーロー」というお題でなだぎさんと

じろうさんが対決する!っていうシーンではじろうさんが「じゅんこ」とか

熟女シリーズで攻めてきて爆笑だったんだけど、同点だったから最後

もう1試合やって決着つけよう!となったタイミングでまさかのなだぎさんが

辰巳(ルーカス)に振るという事件が発生ww 辰巳さんの渾身の答えが

「キャベツ戦士にら」。スベったから「キャベツ戦士にーらー」って

ちょっとのばして何回も言い直しててほんと笑ったwwかわいかったww

キャベツなの?にらなの?と全力でつっこまれてたw

 

■ニッキさんの舞台らしさ

羅針盤しか観劇経験がないので、えらそうなこと何も言えないのですが

2作品目にして、「ああ、きっとこれがニッキさんらしい舞台なのかな」と

感じられる場面がたくさんありました。ジョークをうまく日本人向けに

アレンジしてるのはもちろん、衣装とセットが(グッズも!)すっごく

こじゃれてて!ふぉゆが使うコップはメンカラになってたり、細かいこだわりも

うれしかったー!あとは急にミュージカル調になるところもいい!

ふぉゆ見てると、SHOCKで身につけた身のこなしが全力で活かされてる

かんじがしてすっごくうれしい!

 

最後には羅針盤のときも歌ってたあのオリジナル曲、キターーーー!!!

「ボンジュ~ルきみにかんぱーい」(だっけ?)のサビ部分が、

「メリークリスマーース♪」ってクリスマスバージョンに変わってて!

衣装もサンタ帽かぶってて!かわいすぎ!もうこれで今年のクリスマスは

十分ってかんじ。笑 しかも全員が辰巳さんになれる「辰巳お面」

も変わらず使われててwww羅針盤ファンにはたまらなかったです。

 

 

■福田さんのかわいさ

はい、イケメンなのはもちろんなんですが、とにかくかわいかった

「ヴァル・スコルスキー」!!!!!

まず衣装がおしゃれ。グレーのセットアップで、前と後ろが柄違って、

ちょこっと見える靴下はアーガイル柄がかわいくて。クラシックな

時計に、スマートな革靴。カンペキ!!!!!

 

で、ロシアなまりが抜けない設定だからなまるんだよーーー

これがとんでもなくかわいいんだよーー!日本語でロシアなまりをどう

表現するのかと思ってたら、東北弁ぽくなまったり、関西弁ぽくなまったり、

いろいろなんだけどその全部がかわいい。笑

 

スコルスキーさんはテンパると動きもなかなかアクティブになり、

でんぐり返しを2回します。

 

そして、酔っぱらってふらふらになりながらも、コサックダンスをします。

か・・・かわいいいいい・・・

おまけにふっさふさのロシア帽をかぶるんです。かわいいの極み。

 

こっしーと同じタイミングでふたりで首かしげたり、

マツの「バカンスバカンス」ってセリフにあわせてうきうきバカンスに

浮かれる様子の人を表現したり(これうまく伝えられないのでぜひ見てほしい笑)

ボキャブラリーがなくてほんとに恐縮なんですが、とにかく、かわいいんです。笑

 

かわいいといえば、こっしーがベレー帽似合わなくて「パン屋みたいに

なっちゃう」って言いながらかぶるのもほんとかわいかったし

ほんとパン屋だった!しょくぱんまん!それでもベレー帽がすきで

黒に加えて緑も赤も持ち歩いてるっていう。笑 

 

今回メンカラがいいー具合に使われててほんとよかったなー

マツなんてパンツも靴下も紫だしwww

 

 

辰巳さんが少し噛んでしまったり、マツの声がほかに比べてこもって

少し聞き取りづらかったり、いろいろ細かいポイントはあったけど

この難しい作品に挑むふぉゆがそれを見せずに楽しさを伝えてくれて

すっっごくすてきだなーと思いました!ので、来週もいってきます!笑

 

 

1週間経ってどんな変化があるのか、また楽しみに観に行きたいと思います。

 

ちなみに、グッズはトート白・黒、パンフ、マグ、全部買いました。笑

だって普段使いできるほどのクオリティ!おしゃれ!センスよすぎ!

わたしは長蛇の列で開演前に買えなかったので、休憩時間にぱぱっと買うのがおすすめです。