10220

米が似合うと言われたりパンが似合うと言われたり

ただひたすらにSnow Manに深澤辰哉にいわふかに恋におちた「少年たち」

それなりに長くジャニヲタやってきてなんで今まで見てこなかったのか…という

かんじですが初観劇してきました「少年たち」。これまでふぉゆ追いかけてきて

プレゾン組として活動してきたから当然といえば当然なのかもなんだけど、

こうしてSnow Man目当てに、ふっか目当てに、いわふか目当てに少年たちを

観劇しにいく日がくるとは…!なんだかとっても感慨深かったです!じわじわと

見事なまでにスノ沼にハマらせてくれた岩本担の相方に感謝したいと思います!

 

以下ネタバレ含むのでご注意ください。。。

 

 

まず舞台全体の感想としては、多少ストーリーにつっこみどころがあったものの

(特に後半)まあそこはジャニーズ舞台あるあるというか、ジャニーさんあるある

というか(笑)なので置いておくとして…スノもストもクオリティ高っっっ!と

驚きました。演技も歌もダンスもアクロバットもレベルが高い…もちろんその中で

あるジャンルにおいて突出してうまい人、ってのはいるんだけど

とにかく全体のレベルが高い。

 

中でもジェシーとひーくんが揃ったときのオーラにはただただ圧倒され……

もう生まれ持ったタレント性というか華というかセンスというか。どこにいても

パッと目につくあのかんじ。そして唯一、本人と異なる「違う人物」をしっかり

演じてた大我の演技力はさすがでした。

 

「ギラギラの理由は、最近、役者として頑張っている友達の舞台を観に行って、大きな刺激をもらったから。そいつの芝居への愛情や情熱が芝居から伝わってきて、

思わず泣かされてしまったんです。こうして話しながら泣きそうになるくらい

素晴らしかった。うらやましいし、負けたくない。『少年たち』という場所に、

僕の芝居への情熱をぶつけるつもりです。」

 

こうやってヒロキの「ボクが死んだ日はハレ」のことにパンフで触れて語る大我に

胸打たれてからの、観劇だったらもう…たまらなかった。わたしもあの舞台は、

今まで見た舞台のなかでもちょっと次元の違う体験だったというか。感動って

言葉じゃ言い表せないくらい心揺さぶられたから大我が受けた感動なんてもう

それはそれはもうとてつもないものだったのだろうなと。。。

 

forestwisteria.hatenablog.com

 

 

はい。長くなりましたがわたしの最大の目的である深澤辰哉さん…

ただひたすらに、かわいかった!!!!!!!!!!!!!!すき!!!!!!!!!!!!!

あの北斗との「なかよし」の度をこえる「なかよし」…いや危険なほどの

ラブラブ?いちゃいちゃ?はなんなんですか。。。まるっとかわいすぎるよあの兄弟…

北斗と並ぶと顔のサイズが…!なとこも愛しくてだいすき(笑)

華奢な指先と身体つきもたまらなくて。上半身裸になると、華奢なのに

意外にも筋肉はほどよくついてて、筋肉アナコンダ!な岩本さんとの対比がまた

たまらなく… でも基本はどことなく儚くて、バンドでキーボード弾くときだって

どことなくゆるくて「ふっか感」全面に出てて愛しかった。(ほめてます)

 

中でも噂のスノ新曲…あれはやばかった…スノがわたしたちの好みに

寄せてきてる!!!!!本気で落としにきてる!!!!!!と相方と騒いでましたが

もう「ⅥGuys Snow Man」非の打ちどころが一切ない。

曲も振りも衣装もなにもかもが最高。好み中の好み。ツボ中のツボ。

基本的に異素材MIXな衣装って大好物なんですけど、片側の肩回りだけに

ファーがついた衣装を着こなすふっかさんよ…似合いすぎてこまるよ…

で、手で口を覆う振りが特徴的なんだけどそれがとにかく超絶カッコイイ。

なぜ手で口を覆ってるだけであんなにカッコイイんでしょうか。岩本さんは天才なんでしょうか。

いかにもストが好みそうなKPOP寄りのテクノ調な曲が新たなスノの魅力を

引き出しまくりで。最高。

 

(一方、ストは和モダン!な衣装と曲調がたまらない新曲JAPONICA STYLEで

これまた最高でした。和=スノ なイメージだからすごく新鮮でよかったし

互いの新曲を交換したのも見てみたいと思いました。。。ぜったい似合う。。。)

 

はい、でスノはもう1曲何歌うのかと思ったらまさかまさかのepilogue…

イントロ流れた時点でやばかった。このタイミングでこれは泣かせにきてるなあと!

やっぱりたきつへのメッセージなのでしょうか。。自分たちのオリジナル曲

選ぶことだってできたはずなのに、あえてのepilogueとはね。。泣ける。

 

あと少年たちではおなじみだったのかもしれないんだけど、プレゾン組 かつ

少年たち初観劇のわたしが驚いたのは最後のWill beTogether!

プレゾンラスト思い出して泣きそうになるやつが!まさかここで聴けるとは!

もう涙腺崩壊させにきてるなあと。。。

 

観劇後、ただひたすら「スノ最高」「ふっか最高」「いわふか最高」「スノスト最高」

って言い続けながら、そういえば母は初代「少年たち」に主演してた

フォーリーブスのファンだったなあとふと思い出し、あらためて聞いてみたら

当時はすでにファンで、舞台やってたことも知ってたけど、見に行かせてもらえなかった

から「うらやましい」って言われてなんか…こうして観たいものを好きに観られることって

実はすごく幸せなんだよなあとしみじみしてしまいました。

母は自分の母親にジャニーズ好きなことを認めてもらえなくて、雑誌も買ってもらえず

舞台にも行かせてもらえず悔しい思いをしたから

昔から、私には「自由に観に行かせてあげたい」って言ってくれてて

こうして自由気ままにジャニヲタできてるのは本当に親のおかげだなあと思っていて。。。

 

ジャニーズの歴史がつまった舞台を、当時の母親の「見に行きたかった」って

思いの詰まった舞台を、こうして大好きなひとと観に行けることの

ありがたさを感じて、いろいろな感情が芽生えて…しあわせな時間でした。

 

次母に会うときには「これが現代の少年たちだよ」ってパンフレット見せながら

その魅力を大いに語ってあげたいと思います。