10220

悩めるアラサーの日常をからめたジャニーズ語り。森田剛/福田悠太/百名ヒロキ/深澤辰哉/有岡大貴etc...

タッキー&翼のこと

ブランチの安室ちゃん特集を見ながらこんにちは。先日ラストライブのブルーレイを見せてもらって、自分が人生でいちばん応援してきた人が見られなくなってしまうって一体どんな気持ちなのかと、自分だったらどうなってしまうだろう…と思いながら、でも最後の瞬間を全力で楽しむ安室ちゃん、ダンサーさん、スタッフさん、そしてファンの方々の切なさの中にある美しさ、みたいなものにとっても感銘を受けました。

 

最後のときがわかっていながらも、悲しさ切なさ感謝…いろいろな気持ちに整理をつけながら、それまでの時をいっしょに過ごす。

これってすごく贅沢なことなのかもしれないと、ジャニヲタとしては思わざるをえません。

 

Jr.担は日々その恐怖とたたかっているし

 

すばるは発表のときには、ライブではもう見られないことがわかり

 

今回もそう。タッキー&翼解散、滝沢秀明の芸能界引退、今井翼退所。

情報量が多すぎるうえに、解散については事後発表で、2人を揃って見られる場は無いと言う。

 

本人たちが時間をかけて悩んで出した結論を最終的に応援しないファンはほぼいないと思う。でも、ファンにとっても時間をかけて気持ちを整理する時間が必要なわけで。ファンだって人生をかけて応援してきて、その過ごしてきた時間そのものが自分の人生の歴史なわけで。

 

たきつ担でない私がえらそうなことは何も言えないと思ってます…ただ、この今の自分自身の感情は、言葉にして残しておきたいと思いました。

 

自分とたきつ現場の歴史を振り返ると

 

2000年

ジャニーズJr.3大ドームコンサート

 

2002年

タッキー&翼ジャニーズJr.総出演

Hatachi de デビューGiant Hits Concert

 

2003年

to be to be ten made to be コンサート

 

2004年

Dream Boy

滝翼22才春魂

アルバム発売記念握手会

翼魂

 

2011年

T&T 2011 SPECIAL LIVE

滝沢歌舞伎

OUR FUTURE

 

2012年

滝沢革命

10周年in東京ドーム

日本列島縦断コンサート

プレゾン SONG&DANCN PART II

 

2013年

プレゾン SONG&DANCN PART Ⅲ

神宮外苑花火大会

 

2014年

プレゾンin NISSAY

プレゾン 1986…2014 ありがとう青山劇場

 

2015年

プレゾン30YEARS  さよなら青山劇場 

 

2016年

滝沢歌舞伎2016

 

2017年

滝沢歌舞伎2017

 

2018

滝沢歌舞伎2018

 

18年間…いや、テレビで見始めた頃含めたらもっとか…本当にお世話になりました。

初めて行ったジャニーズのコンサートが2000年のドームコンで。右も左もわからなかったけどとにかくその華やかさに圧倒されて、小原くん卒業コンだったからファンの人たちの熱意がものすごくて幼いながらにすごい世界だなと思ったな…今でもあの会場の熱さとか、スクリーンに映る涙とか、忘れられない。

 

そのあとカツン亀担だった頃2002〜2004はいろんな現場に行かせてもらい、特に滝さまには仁亀がほんとにお世話になりました。。。

昨日の仁のツイートはとても感慨深かったです。でも、この頃気づけば私はたきつを目当てにたきつを見に行ってたときもあって、特に握手会は一生の思い出。

 

「エロエロダンスさいこうですっっっ!!!!」と、なぜそれを選んだのかというメッセージをチョイスし滝さまにお伝えしたところハニかむ笑顔を見せてくれてそれがまあーーーーーーかわいくて顔が美しくて。すき!!!!!!!!!!ってなりました。

 

ビッグトップでみた翼魂も思い出深いな。

翼のソロコンはもっともっと、見に行くべきだった。MADとの世界をもっともっと堪能すべきだった。あーなんだな無性にEDGEが見たくなってきたよ。

 

2011年からはふぉゆ担として、お世話になりました。滝チャンや歌舞伎で滝さまに、プレゾンで翼にお世話になってね…プロ意識のかたまりな人たちなのに、6人集まるとどこまでも平和でふざけてる空気感が大好きだった。

滝チャンのふぉゆ手紙回は言うまでもなく名作。思い出すだけで涙が。

相方と入った震災直後の節電コンサートも、ほかのどのコンサートとも違う特別な思い出。あのタイミングでコンサート入らせてもらえたのはなんだかすごく救われた気がしたし、ただただ強くやさしく前に進む2人を尊敬した。

 

そして、2016年からはスノ担として、お世話になりました。歌舞伎は、後からふっかと林くんをJr.の取りまとめ役として指名して、組織立てて管理していたと聞いて当時から「大企業の社長か!」と思い感動してました。

先日、屋良さんはイケてるベンチャーの社長みたいって話をしましたが、滝沢さんは大企業の社長だね。大人数をしっかり体系立てて、冷静にまとめられる。とてもロジカル。(notさくま 笑)

 

そして、ブイ担としては三宅健をここまで新たな世界に引っ張り出してくれた滝さまに本当ーーーーーに感謝です。こだわりがあって一筋縄ではいかない健ちゃんをやる気にさせるってすごく難しかったはずなのに、さすがの敏腕社長っぷり…ケンタッキーという新たなブランドまで確立してしまうなんて。

ブイスノ担がこんなに近くなれるきっかけも作ってくれたひとだし…どこまでお世話になれば気がすむんだ…はあ…

 

簡単な言葉なんかでは語りきれないたくさんの思い出たち。でも自分の人生に常に寄り添ってくれた2人のことを永遠に尊敬して生きていくということだけはハッキリとわかる。

 

幅広いジャニヲタそれぞれが、こんなに長い間いろんな角度からお世話になった2人って他にいないのでは。次回アラサージャニヲタの回では「私にとってのタッキー&翼」というテーマでなんか、企画したいです。