10220

悩めるアラサーの日常をからめたジャニーズ語り。森田剛/福田悠太/百名ヒロキ/深澤辰哉/有岡大貴etc...

キャッシュ・オン・デリバリー 極限状態を感じさせない究極のエンタテインメント

「コメディって観ている側は楽しいんですけど、やっている側は体力的にも精神的にも極限状態なんです」

パンフレットで演出の野坂さんがこう語ってて…その極限状態を客席に一切感じさせずただただ笑える究極のエンタテインメントを届けてくれたキャッシュ・オン・デリバリー(以下COD)にすっかり感銘を受けて昨日日帰り大阪遠征から、帰りました。

 

東京公演のチケットが当然のようにはずれ、もうあきらめようと何度も思った今回でしたが

遠征をずっと悩んでて…

「結局、最後は行くことを決めると思うよ。なんとなくそんな気がする」

と彼にも言われたのですがここ最近、稀に見るあきらめきれなさが全身から出ていたようで(笑)

その言葉どおり、結局ひさびさのひとり遠征をしてまいりした。

 

結論、ほんとに行ってよかった。わかってはいたけど、ちょっと想像してなかった感情で満たされた自分がいた。

「あのふっかと佐久間が主演なんて…感慨深すぎる…立派すぎる…」って、SnowManファン・ふっかファンとしてそんな感想を持って泣きそうになるのだろうなあとか思ってたけど

あまりにコメディ作品としてすばらしすぎて、ふつうに「ああ楽しかった!!!!!」っていうのが終わったあといちばん大きくて。

 

もちろん、きっとものすごい苦労があったのだろう、野坂さんの言葉を借りれば極限状態だったのだろう、って考えると本当にすごい2人だと思うけど、観劇中にそれを一切思わせないプロフェッショナルぶりに脱帽だよね。職人。Jr.の域超えてる。

 

というわけで思うがままにCODの素晴らしさをつらつらと。

 

◾︎暗転やBGMのない演出

何がすごいって、今回の舞台はずっと同じセットで暗転もなくてBGMもないの!演技をサポートしてくれる演出がないの!これぞ究極のストレートプレイ!
俳優の感情とセリフのみで会場を笑わせなきゃいけないって一体どれほどのプレッシャーなことか…。
特に主演の2人にとっては膨大なセリフ量もあって孤独な闘いだっただろうと思います…でも

後半になるにつれてどんどん会場があったまっていって、どんどん笑い声が増えていった。

あの会場が目に見えてあったまっていくかんじ、すごい。

 

◾︎ふっかのしんどさ

みなさんおっしゃってますが…まあーそれはそれはもうしんどさのかたまりでしたね!細身のシャツにパンツにベスト!結婚指輪!

華奢なのにたまに見せる「ダンナ」感がリア恋の極み!

うまいこと言って客を気持ちよくさせる営業マンみ。サラリーマンみ。リア恋の極み!

もうほんとに、なんとお礼を申し上げたらよいか!ありがとうございます!!!!!!!!

アラサー女にとってこれ以上ない最高のキャラ設定でした…

 

しかも、奥さまリンダ役の菜那くららさんの実年齢が30ときた!同い年ー!!! 結婚してる設定でふっかとのこの年の差…まだまだいけるじゃん…(いけません。ていうか何がいけるの)


◾︎佐久間のうまさ
佐久間はほんとに舞台向き!と再認識。声のトーンが良くて、聞き取りやすくて、動きが軽やかで、「どこか愛嬌のあるキャラクター」を演じさせたら天下一品!
わたし、正直歌舞伎で一気に佐久間の評価変わったもんな…彼は和も洋もいけますね!!!

 

◾︎周囲のキャストと作り上げるテンポ感

カンパニーのまとまりがよすぎて、それぞれのキャラクターが立ちすぎてて、みんなちゃんとそれぞれの個性を発揮してて活きてないキャラがひとりもいない!!すごい!!!特にお気に入りは、耳の聞こえないノーマンにわけわからんジェスチャーで伝えようとする全力のジェンキンズとサリーチェシントン!さいこうすぎる!!!

 

◾︎複雑な関係性を楽しく見せる演出

とにかく登場人物も多いし、いろんな人が何回層にも勘違いして物語が進むから(言うなればアンジャッシュのコントの複雑バージョン ←その表現あってる?笑)

とても複雑なんだけど、ジェンキンズがダイジェストしてくれたり、途中途中で整理してくれるから観客を置いてけぼりにせず、ちゃんとストーリーに入り込ませてくれて素晴らしいと思いました。


◾︎最後はみんなポジティブハッピー

嘘付きまくって最低なエリックスワンのせいで、いろんな人が散々な目にあってるはずなのに

最後のミズクーパーのまさかの決断とか、
スワン夫婦の愛が揺るがなかったところとか、

なんか結局みんなポジティブハッピーなんだよね。笑
おいおいノーマンの嫁(ブレンダ)は大丈夫なんかいなとかツッコミどころはあるものの(笑)むりやりハッピーエンドなところが翻訳劇らしくていいなーと!


◾︎カテコで垣間見えるいつものふかさく

最後カーテンコールでちょっと座長慣れしてなくてあたふたしてるふかさくが、またかわいかったです。笑
終わって安堵の顔してるのがすごく伝わってきて…カンパニーも日に日にまとまりが出ているようだし、見てて幸せでした。

でもふっかが痩せたのでは、というコメントも見たし、身体には気をつけて最後まで彼ららしく、あの幸せな空間を楽しんでほしいです!!


◾︎アートワークのすばらしさ
今回、ポスターやパンフレットなどデザイン関係手がけられたのは「デザイン太陽と雲」さんなんですね。

http://designtaiyotokumo.tumblr.com/

 

私がどーーーしても見に行きたい!!!と思い直した要因のひとつとして、あのポスタービジュアルがありました。あのあふれでるおしゃれ感がとんでもなくツボで、パンフレットも3000円ってちょっと高いと思ったけど、満足のクオリティ!お金かかってるのがすごくわかる。


今は離れてるけど、昔は仕事柄デザイン会社さんとのお付き合いがありましたのでポスターパンフレット周りは毎回気になるのですが…今回はほんとに素晴らしかったなあ。
もうこれは、もっとグッズ出すべきだと思います!後追いでいいから!!ふぉゆの23階の笑い みたいなトートバッグを希望。ちなみに、あのトートバッグは未だに愛用してるし誰にもジャニーズ舞台グッズだと気づかれない。笑

 

というわけで最高に大満足なCODでした。あと何回でも見たいけど、1人でも多くの人に見てほしい。ふかさく担以外の舞台好きの方とか、特に!はやくも再演希望です!!!!