10220

悩めるアラサーの日常をからめたジャニーズ語り。森田剛/福田悠太/百名ヒロキ/深澤辰哉/有岡大貴etc...

続SnowMan新体制について思うこと 自分のメンタルと向き合うこと

みなさまお疲れさまです!スノが新体制になり彼らを取り巻く環境ががらっと変わる中、私も仕事とプライベート両面で大きな変化に見舞われつつあり、自分の状況と照らし合わせるなんておこがましすぎるのですが、予期せぬ変化も含めて、変化にどう立ち向かったらよいのかということを日々モヤモヤと考えてます。

 

自分自身の話をすると、変化を目の前にして仕事もプライベートもこのままでいいのかなあと自分のしようとしてる選択に自信をもちきれないでいるのだけど、行きたい大学に進学してそれなりに安定した会社に就職してたくさんの良き出会いと人間関係に恵まれて…それらが欲しくても手に入らない方がいるとするならば、すごくすごく僭越ながらだけど、恵まれてるこの状況に感謝して自信を持って前に進まないといけないなあと思います。

 

一方で、セルフブランディングがとっても上手で、バリバリのキャリアウーマンとして地位も名誉も得ていて、子育ても立派にこなしていて一見キラキラした方々をメディアで見る度に、自分は何やってるんだろう、何も身につけないまま30になってしまったのではと、とんでもなく落ち込むこともあり。でも少しでも「あの理想に近づけるように頑張ろう」っておこがましくも思うことってやっぱり大事だなあと思います。

 

で、今回のスノの件。

スノが手に入れているものを、手に入れられなかったJr.や他のジャニーズメンバーは多い。

思わぬ形でグループの形が変化したり、解体になったり、うまくいかずに事務所を退所したり。そう言った意味では6人のメンバーが欠けることなく次のステージに行ける状況には感謝しなければいけないのかもしれない。

 

一方で、メンバー編成も変わらず、着実にグループを育てていき、上手にブランディングしてもらってるグループもいる中で、なぜスノだけ?と当然落ち込み、うらやましく思う面もある。でもその落ち込んだりうらやんだりする思いを、前に進む力にしなければいけないのかもしれない。

 

何が言いたいかと言うと、相対的に見て自分の状況より恵まれてないように見える人たちも恵まれてるように見える人たちも世の中にはいるけど、その時々の状況でその人達を横目に、自分のメンタルをコントロールするしかないのではということです。

 

そして何より、「恵まれてないように見える人たち」「恵まれてるように見える人たち」はあくまで自分の目からそう「見える」だけで、本当のところは当人たちにしかわからないということを忘れてはいけないと、思ってます。なので、自分の中で勝手ながらその人たちの存在に助けをもらいながら、メンタルをコントロールしていくしかないということです。

 

周囲の人のせいにすること、置かれた状況のせいにすることは簡単だけど、自分の気持ち一つでいかようにでも変えられると信じて、前に進んでいくしかないよね。

 

と言いながらスノの件はまだ消化しきれていないし、受け止めきれていないし、スノのことを話しているようでいて、自分自身に言い聞かせてるだけの文章みたいになっていてスミマセン。笑

 

今週も、仕事にヲタ活に全力で頑張っていきましょう!!!

SnowMan新体制について率直に思うこと

まずはじめに、わたしはV6とふぉ〜ゆ〜とSnowManを応援させてもらっています。スノオンリー担でないし、他2グループは今のグループの形になってからはずっと変わらないメンバー構成で活動しているグループなので、自分が応援してるグループがこのようなことになるのは初めての経験で、過去に同様の経験をされている方やスノオンリーの方々からしたらこんな風に語る資格ないかもしれないのですが…やはり今の率直な思いは残しておきたく、書きつづっています。

 

◾️滝沢さんが目指すアイドルの成功の形とは?

これを滝さま本人に直接聞いてみたい。

常に変化と話題性があって、一般の幅広い人にも好感を持ってもらえて、新規ファンをどんどん獲得できるようなそんなアイドルが成功なのでしょうか?新規ファンの増え方が「激増」でなくても、確実に昔からの、そして今のファンとの信頼関係を築いてこぢんまりとでも少しずつ少しずつ、歩んでいく。。そんなアイドルの存在は滝さまにとってはどう映るのでしょう。他のグループ同士を比較するのは良くないかもしれませんが、ブイやふぉゆはそっち側のグループだと思っていて、その地道な信頼関係が今の大きな成功に繋がっているのではと思ってます。(ふぉゆは認知度の面では道半ばだけど。)スノも、そっち側のグループだと思っていたから、6人でファンと着実に信頼関係を築いていくこと>デビュー という優先度だと思ってました。

でも滝沢さんはスノをそっち側のグループにはしたくなかったのでしょうね。でもやっぱりスノに関して、成功の定義や目指すところをハッキリと聞きたい。そこがファンと一致してなかったらこれからもファンと事務所の関係性が良いものにならないと思うから…。

でもその一方で、なんだかんだしばらく経ったら私たちは新体制のスノを見に行くし、落とすお金や応援の仕方に大きな変化が出るかというとそうもいかず、結局事務所にとって反抗しきれずに終わるんだろうなという冷静な想像もしています。悲しいけど。

 

◾️ジャニーさんと滝沢さんのやりかた

1つ目のところにも繋がるけど、ジャニーさんのこれまでのやりかた「予想外の形でグループの形を変える」「年齢もキャリアも若いメンバーを投入する」を継承した今回のやりかた。

せっかく今までにない立ち位置でプロデュースする滝沢さんなのに、そっくりそのまま同じやり方でいいのか?むしろ新時代にはもっと違ったやり方があるのではないか?と思ってしまいました。(もちろん滝さまが私なんかの想像を遥かに超えて今回の決断をしていることは理解しているつもり)

ジャニーさんの奇抜なアイデアと、ファンの実直な思いと、何よりメンバー自身の思いを全てうまく汲み取って新しいやり方ができるのが滝さまなのではないかと、期待してました。

もしそうなら、今回の決断には至らなかったのではと、思ってしまってます。

 

◾️試練を与えている?

予想外の事態に巻き込まれてから自分の意志がはじめて、より明確になり、組織に甘えて身を委ねるのではなく、自分から意志を示して行動せざるをえなくなる。スノにも自分たちの強い意志をあらためて示してほしい…そんなことを教えようとしてるのか?とも少し思いました。

でも、過去の言葉を振り返るとふっかなんて明確に「今の6人でないと意味がない。でなければ事務所やめるかもしれない」までの強い覚悟を持った言葉を残しているし、意思表明が足りないとは思えず…それでも事務所や滝さまに対しては足りなかったのでしょうか。

 

 

今考えているのは、こんなところです。まだ新体制が自分の中で現実味をおびてないし、消化できてませんが、ひとまず、率直な思いを書かせてもらいました。

30歳の自己分析 どんな人になりたいかを「ジャニーズに入ったら誰ポジションになりたいか」で考える〜みんなで談義編〜

先日、「ジャニーズに入ったら誰ポジションになりたいか」を考えると自分がどんな人になりたいかが自ずと見えてくる!という投稿をしましたが

詳しくはこちら↓

http://forestwisteria.hatenablog.com/entry/2019/01/02/211025

 

あらためてこれをテーマにみんなに話を聞いてみたいなーと思って今日働くアラサーヲタのランチ会でトークテーマにさせてもらいました( ˆoˆ )/

 

自分からほど遠い理想像というよりは、すこし要素を取り入れたら今の自分からアップデートできそうなくらいのかんじで、選んでもらいましたが…自分とはまったく違う視点で、それぞれとっっっても興味深かったです!!!

 

◾️三宅岩本担→京本大我

一見ツンとしてるようでいて、実はゆるっとしていて独特でかなりおもしろい。そんな意外なギャップがいいと思うから。

 

◾️濱田担→岡田准一

外では仕事バリバリなのに、メンバーのもとに帰ると「お前は俺らにとってオカダの3文字」といじられ、末っ子キャラでなんでも許してもらえるところがいいから。

 

◾️赤西KAT-TUN錦戸担→上田竜也

決して前に出るキャラではないけど、ぼそっと言う一言にインパクトがあっておもしろくて結局全てを持っていくところがいいから。

 

おもしろいなーって思ったのは、それぞれが挙げた人と同じカテゴリに属する人が何人か思いついたところ!!例えば「一見ツンとしてるけど独特でおもしろい」だったら北斗、「前に出ないけど一言の破壊力がすごい」だったら森田さん、とかタイプ分けしてマップが作れそうだなと思いました。

あとは、さすが筋金入りのヲタ…自担以外のこともすごくよく人間性を見てるなーということ。オカダのそういう本質ってブイ担はもちろん知ってるけど、他担のかたにも知ってもらえてて、そこがいいって言ってもらえるとめちゃめちゃ嬉しいですよね!!!いかにヲタが日々表面的なところだけでなく本質的なところを見てるかが、よくわかります。

 

おもしろいことに、客観的に3人が選ぶ人を聞いてて、みなさん既にそういう素質持ってそうだなーって勝手ながら思っちゃいました!もっともっといろんな人に聞いてタイプ別マップを作ってみたいという新たな目標もできてよかったです\( ˆoˆ )/

「この人ポジションになりたい」をランキングにして人気1位も出してみたいところですね!?笑

 

滝沢秀明から学ぶ正しいクロージングの仕方と新しい道の開き方

新年早々、まさかの上長が退職宣言、後輩が異動、所属グループに1人取り残されるというおもしろい事態に見舞われてる今日このごろ…みなさま今日もお仕事おつかれさまです!笑

 

プライベートも丁度転機迎えそうなので新しい環境に身を置くことなど色々考えているのですが、アラサーになるとライフイベントとの兼ね合いを考えたり、キャリアと向き合う中で

転職、退職、異動など新しい道へのチャレンジを検討する方が多いのかなあと思います。

 

その中で大事なのは今いる環境の正しいクロージングをした上で次に進むことだと思うのですがタッキーあらためて滝沢秀明Pから学ぶことはほんとに多いし、もう「ザ・お手本」だなと思っており。

 

①今いる環境でのキーパーソンへの根回し

根回しというと聞こえが悪いですが、キーパーソンに後押ししてもらえる状況を作るのは次の環境に進む上でとても大事だし、それができなければ正しいクロージングと言えないですよね。TOKIO兄さんの番組出演、中居兄貴の番組出演、ヒロミ師匠の番組出演、てことでおさえなきゃいけない先輩の番組はきっちりおさえてるし、後輩や昔からのファンへの敬意という意味で8Jもあったし、何よりタッキー&翼ファンへの敬意をカウコンなどで表してくれて。ジャニーさんはもちろんだし、各方面のキーパーソンにしっかり説明をし、失礼のない形で締めくくりをしてる…これは一般企業においても絶対的に必要だと思いました。現にこれができてなくて大変な思いをしてる人が私の周りにはいます。笑

 

②自分の意志の明確化

これは根回しする上でも必要だけど、やっぱり自分の揺るぎない意志を明確にして、わかりやすく、論理的に、誰が聞いても納得できるように自分の思いを語れるのは必要だと思いました。

滝沢さんは誰にどんなふうに聞かれても意志が明確で、冷静に言葉にして語っていたので、先輩も後輩もファンも相方の翼も背中を押そうと思えたのだろうなと思います。もちろんファンの方々の思いはまだまだ納得できない部分もあるとは思うけど…でもやっぱり、客観的で冷静に語るところ、その奥に熱い揺るぎない意志が見えたところがすばらしいと思いました。

 

 

③ポジティブな選択であることのアピール

どれだけ意志が明確でも、その理由が今いる環境に対するネガティブな理由だったら誰も背中を押してくれないと思うのですが

あくまでポジティブな選択であるということを滝沢さんは一貫して語っていました。

ネガティブな思いだって、実際には無くは無かったはず。でも「楽しかった。ジャニーズが大好き。だから大事にするための今回の選択。」って終始言ってたのが周囲を納得させ、動かしたのだと思います。

これも一般企業において伝え方に失敗してモヤモヤしたまま転職した…みたいな話をよく聞きますので大事なポイントかと。

 

と、いうわけで私自身この3つの実行をテーマに、今月は動いてます。滝沢Pのように早く新しい環境でのアウトプットをして、きちんと成果が残せたらな…がんばります。そして、滝沢歌舞伎ZEROがたのしみです!笑

アラサーの星であり癒しのふぉ〜ゆ〜が全て詰まったぴたラジ新春スペシャル2019

ぴたラジ新春スペシャル聴き終えました、UPいただいた方に心から感謝です!!!

 

もうふぉゆってほんとにアラサーの星だし、アラサーOLの癒しだよね。笑 

何が最高って、聴いてる限りではお酒(ビール?)飲みながらバタピーなどのツマミをもぐもぐしながら、新年会気分でゆるゆるこの新春特番を2時間半もやってるというね!

「バタピーうまい」とつぶやくアイドル。

ハッピーアワーがいかに自分たちにとって「節約できて嬉しい」という普通の感覚であるかを語るアイドル。

ラジオ収録中に新年会の買い出しに行くアイドル。

トイレで中座するアイドル。

 

最高すぎる…

アイドルって通常は、「非現実」を見せて癒してくれる存在だろうに

この人たちの場合は現実に寄り添って(というか現実そのもので)癒してくれますからね!!

最高です、毎週このスタイルでお届けしてほしい!!!仕事の疲れをいっしょにお酒飲みながら癒してほしい!!!笑

 

…と、こんな愉快でゆるゆるなふぉゆが1年を振り返る中で

さりげなくロバ丸との微妙な関係について話していたり(世間的には先輩に見えるだろうが、実はふぉゆの方が先輩なメンバーもいるから呼び捨てタメ口…とか)

地上波に呼んでくれる斗真風間さんへの感謝を語りつつ、実は収録帰りに爪痕残せなくて凹んで反省会した様子を語ってくれたり、

初主演舞台で、歌唱力などの点で詰められてストレスで体重増えてしまったことを語ってくれたり(福ちゃんデイゼロのこの裏話はほんとにグッとくるものがあった)

 

リアルな苦労、努力をさらさらっと語るところがまた勇気付けられるというか。

先日キムタク兄貴もおっしゃってましたが、「大変なのはみんな同じ」ってことがよくわかりますよね。

 

これから仕事が始まるし、自分のキャリアをほんとにどうにかしなきゃいけないしっていう憂鬱ぎみな中でこの新春スペシャルはほんとに救われました。

 

ふぉゆ担以外のみなさんにも、これ聴いてもらったらその魅力に一気に気づいてもらえるのでは(特に働くアラサーOL)と思いましたので

ぜひぜひぜひ聴いていただきたいです!!!

 

フクダムスのありがたい予言も聞けましたし

今年もどこまでもふぉゆについていくし、

自分も負けないくらいお仕事がんばりたいとおもいます!!!新年早々元気をくれたふぉゆにさんきゅーさんきゅーです!!!

夢は叶うことをまざまざと教えてくれるジャニーズ 2019年のWish List

「信じて疑わない気持ちを持てば夢すら単なる予定」

かの有名な井ノ原快彦さんは言いました。(偉人?)

その名言のとおり、少し前まで遠い夢だと思ってたことを、その隠れた努力や強い意志をもってどんどん現実にしていき、まざまざとそれを私たちファンに見せてくれるジャニーズ。

 

去年の今頃は

まさかふぉゆがこんなに自由に自分たちの舞台ができるなんて

福ちゃん主演含む個々での舞台ができるなんてスノがYou Tube含むこんなにもさまざまな媒体で見られるなんて

ふっかと佐久間が主演の舞台を自分が見に行くことになるなんて

思ってもなかったわけで。。

 

福ちゃんが言葉にすると現実になるという「フクダムス」はふぉゆ担の間ではおなじみですが、

自分の願いをしっかり言葉にして、なんなら書き残して、常に認識しておくこと、願い続けること、そしてもちろん努力し続けて信じ続けることって大事だなあと新年にあらためて感じてます。

 

というのも、去年の自分しか見ない手書き日記(と言えるほど立派なもんでもない単なる雑記)を読み返してたら2018年のWish Listを書いてて。試しにどれだけ1年で実現したかを今日確認してたら

叶えたいこと全20個中、叶った(達成した)のが8個、△だったのが5個で計13個でした。

大きな願いもあれば小さなものもあったから一概に13個という数字がどうかって言えないけど、まさか叶うと思わなかったことが細々とでも頑張ったことでちゃんと叶ったってあらためて目に見えて確認できるととても嬉しく、また今年もがんばろうって思えます。

 

早速2019年Wish Listも書いてみました。夢を叶え続けるジャニーズと共に、また駆け抜けることになる自分自身の2019年。来年の今頃は果たして何個叶えられてるのか…今から楽しみで仕方ありません!

30歳の自己分析 どんな人になりたいかを「ジャニーズに入ったら誰ポジションになりたいか」で考える

2019年あけましておめでとうございます!今年も仕事やキャリアの話と、ジャニーズの話をむりやり、ゆるーくくっつけて考えるスタンスでお届けしたいと思いますのでゆるゆるとお楽しみいただければ幸いです!笑

 

さて年末に自分自身のキャリアを真剣に考えざるをえない状況に追い込まれまして、

この年末年始は自分自身と向き合うキャンペーンを実施中なんですが…

就活ぶりに自己分析してみようと思っても、結構難しいものですね。笑

自分は今どんな人間で、本当はどんな人になりたい?何がしたい?ある程度現実を知ったり、関わる人が増えると就活の頃とは全く違う難しさがあるなと。

 

でもこの間相方と「SixTONESだったら誰ポジションになりたい?」って話をしたときに

「樹がいい。センターで目立つ訳ではないんだけど、MCができるバランス感覚があって、ラップっていう秀でたモノも持ってて揺るぎない存在感があるから」ってすらすら話す自分がいて、あれ?これってもしかして自分のなりたい自分像そのものだったりする?と思ったわけです。

 

で、ジャニーズ内でいちばん今誰になりたいかって言われたらSnow Man 深澤辰哉なんですが、それも「2枚目な部分があるのに、戦略的に3枚目に転身して、カッコつけてない人格者だから先輩からも後輩からも愛されて信頼されて、その場に応じてカメレオンのように柔軟に対応できるオールラウンダーだから」で、多分これもまた私のリアルになりたい人物像なんだろうなと。

 

まだまだこの理想像だけでは直接的なキャリア像には結びつかないけど、どこかフラットなMC的位置に憧れてるけど企画も大好きだから、新規ビジネス開発のファシリテーター的なことがしたいんじゃないか……とか真剣に深ぼっていくとなにかしらの答えにたどり着きそうな気がしています。

 

悩める同世代のみなさんと「ジャニーズのこのグループ入ったら誰ポジションになりたいですか?」談義を、してみたいですね。逆に「誰ポジションもやだ!」なんて答えがあるのもまたおもしろそうだし。。ちなみにブイではよしくんかな。やっぱりMCポジションだね。笑

ふぉゆだと難しい…バランスのいい柔和だけどアツいリーダーという意味では福ちゃんだけど、ちょっと自由人すぎて狂気なときがあるから辰福を足して2で割ったくらいの人になりたいかなあ。笑  好き勝手言って恐縮だけど、楽しいですね。今年はどこかのタイミングでこれ企画してやってみようとおもいます!!!